知っているようで知らない、クレンジングのオハナシ。

クレンジングの注意点

基本的な事ですが、クレンジングは、肌を傷つけないように、ということと、しっかり洗い流すということが大切です。十分なクレンジングの量を使わないと、肌の上でクルクルした時に、直に指が肌に当たり、指でお肌を擦っているような状態になります。これでは、肌表面を傷つけて、汚れも十分に落ちていない、という状況になります。
お肌というのは、若い頃はまだしも、年齢を重ねる程に長年蓄積されてきた皮下の悪い貯金が現れてきます。シミ・シワなどがその代表選手。これらは、古い角質がお肌の表面に残っていることと、十分な保湿が行われていないことでジワジワと表れてきます。一般的には、保湿が十分であれば、お肌のトラブルの多くは防げる、と言われていますので、クレンジングも出来るだけお肌の水分を逃がさない物を選びたいものです。その元々のクレンジングの成分と、正しい洗い方さえ守れば、あとは特別な事を行う必要はほとんどないのです。
その為にも、前出のゲルクレンジングは保湿も十分だし、お手入れ方法も簡単なので、とってもおススメなんです。たかがクレンジング、されどクレンジング。あなたの10年後を決めるのは、今使っているそのクレンジングかもしれませんよ。