知っているようで知らない、クレンジングのオハナシ。

クレンジングにはどんなものがあるの?

世の中のクレンジングを見てみると、ローション、ジェル、オイル、クリーム、ミルクといったタイプがあります。これらはそれぞれメリットとデメリットがあります。
例えば、ローションタイプは、軽い使い心地ですぐにメイクが落ちてさっぱりするのですが、成分にアルコールやエタノールが多く含まれているので、お肌の乾燥が気になります。ミルクタイプは保湿には優れているが、洗い心地がさっぱり、とはいきません。ミルクタイプであれば、肌への負担が少ないのですが、洗浄力が弱いため、2度洗いは必須となります。どれも一長一短な中、ジェルタイプは洗い上がりもさっぱりとしますし、洗浄力もあるので、イマドキはジェルタイプが頭一つ出て人気がある模様です。
更にジェルをもっと固くしたようなゲルタイプは、今一番注目のクレンジングで、リピする人が続出している状況です。このゲルタイプ、一見水分はさほど含んでいるようには見えませんが、その成分はほとんど美容成分で出来ているので、化粧品を落とす際に肌への負担も軽く、洗い上がりはさっぱり、しかも保湿性にも優れているという三拍子そろったものなんです。こんなに良いなら非の打ちどころありません、文句なし一番です!